「うんこ」について真面目に考えてみる

※この記事は4分で読めます。

※質問やコメントをいただけると嬉しいです

今日はうんこの話をします。

「頭おかしくなったんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、至って真面目です。

質問はうんこ以外でお願いします。

そもそもきっかけは私のTwitterでのやりとりです。私はTwitterで使える質問箱が好きでよく使います。

Peingは考えさせる質問も多いですが、匿名という性質上「うんこ」などの質問も多いです。

そこで『質問は「うんこ」以外でお願いします』と言うツイートをしました。

2.うんちならいいんですか?

そのつぶやきの後に来た質問が、「うんちならいいんですか?」です。

「良いわけないだろ!笑」と内心思いつつも、確かに「うんちは」「うんこ」以外という条件は満たしているなと思いました。

それとうんこ関係の質問をコンピュータで削除できないかなとも考えました。結論から言うとかなり難しいです。「うんち」くらいならコンピュータの辞書に乗せれば削除することは可能だと思いました。

しかしその後に来た質問をコンピュータに「うんこ」を意味するものだと認識させるのはかなり難しいと思いました。その質問を下の画像に載せます。

3.「うんこ」を意味する言葉の定義はかなり難しい

その後に来た質問がこの3つです。

「うこん」「運賃」「ウコンの力」これを見て私(人間)は「うんこ」を意図して使った言葉だとすぐわかります。しかしなんで分かるのかと言われると答えに窮してしまいます。つまりなんで分かるかうまく言語化できなんです。

あえて言うなら『頭文字が「う」で音の雰囲気が「うんこ」っぽいから』とかになるでしょうか。しかしこんな表現ではコンピュータに「うんこ」が何かを知ってもらうのは不可能です。コンピュータは○○っぽいなんて記述では理解してくれません。

また「うんち」の時に有効な辞書に加えてしまうやり方も通用しません。なぜなら「運賃」は他の意味も持つ言葉だからです。これを有害な言葉に入れてしまったら、乗り物の料金と言う意味で使った場合の運賃も有害だと認識してしまうからです。

「うんこ」を除外する方法を考えれば億万長者になれるかも!

そして「うんこ」などの言葉をどう除外するかはTwitterなどのSNSを運営している企業にとって重要な問題になっています。理由は簡単で不適切な画像や文章が出回ってしまうと企業の価値を下げてしまうからです。しかし毎日膨大な量の不適切な画像や文章がで回ってしまう以上、人手だけで削除するのは至難の技です。そこでコンピュータに「うんこ」を理解してもらい削除してもらう必要があるのです。

最後に問題です。

Q1.私はこの文章で何回「うんこ」と言ったでしょうか?

Q2.うんこを意味する言葉をコンピュータに理解させるにはどうすれば良いでしょうか?

ぜひ考えてみてください!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.04.25

    5手詰 276問
  2. 2019.04.25

    3手詰 276問
  3. 2019.04.25

    1手詰 276問
  4. 2019.04.24

    5手詰 275問
  5. 2019.04.24

    3手詰 275問
PAGE TOP