将棋をする場合は「良い手」を知りましょう

カイトです今回もよろしくお願いします。

*コメントや質問はお気軽にお願いします。

*この記事は6分で読めます。

今日からは以下の内容を公開していきたいと思います。

今日行ったこと。

①中学生が東大に訪問する企画の講座の案

→中学生が東大訪問する企画に絡めそうなので、話す内容を考えま

した。テーマは「記号と意味の違いと東ロボくんPJの紹介」で

す。

②将棋の個別指導のルール決め

将棋の個別指導を充実させていきたいので、そのためのルールを決

めています

③愛について語る読書会の企画設計

前職の同期と知り合いの女子がフロムの「愛するということ」を読

んでどんな議論が繰り広げられるかという企画の準備です。怪しげな企画が

好きなので一番楽しみです笑

④個別指導塾の面接

個別指導塾の面接をします。

今後実施結果をブログでアップしていきます。

将棋上達のためのTIPS(豆知識)

今回は将棋は良い手を知るのが重要だという話です。

やっぱり将棋って勝てないとクソ面白くないゲームだと思うんですよね。将棋をやる以上は勝ちを目指しますし、私は勝つために何をすべきかって事を常々考えています。

私は講師をする際はなるべく勝ちに近づいてもらえるためのレクチャーすることを指針としています。

では、勝つために重要な事は何なのか?

それは良い形を知り、良い手と自分の指し手との誤差を少しずつ埋めていく事にあると思います。脳科学的に言えば誤差学習と言います。

例えば下の図のようにボード真ん中に向かってボールを投げるとき、右側にズレた場合は誤差を修正するためにさっきよりも左側を狙って投げますよね。

将棋も正しい指し手を知った上で、自分の指し手を正しい指し手に近づけていく必要があります。この将棋の場合、この「正しい手」というのが結構厄介で局面によっても棋力によってもお手本にすべき手は微妙に変わってきます。

なので正しい手については将棋の強い人に聞くのが一番良いです。中でも私はその人のレベルにあった正しい手の提案には自信があります。(社会人向けに200人以上指導してきたので)

ぜひ興味がある方は、個別指導も対応しているので、お気軽にツイッターのDMやメールでご連絡ください!

①ツイッターアカウント

twitter.com

②メールアドレス:waseda.style.shogi@gmail.com

フリーランスとしての雑感

フリーランスをやってみて思うのは、本当にすべて自己責任という事ですね。

お金の面で言えば税金・年金・保険料・食費・交通費・雑費などの生活費や運転資金の管理

時間管理や、やるべき事の管理も自由です。

そん中で心がけたい事は、今出せる能力は出し惜しみしない事かなと思ってます。

結局自分一人の能力は大した事ないんですよね。

なので今出せる精一杯のアウトプットを例え質が低くてもやってみてあとは世の中(マーケット)にフィードバックをもらい続けるしかないなと。

私は誰もがもっと科学的に物事を考えたり情報を読み取るためのお手伝いをしたいなとは思っていますが、自分自身数学や物理の知識はあまり多くないので日々勉強中です。(私立文系なので)

大した事ないという実感はあるので、日々アウトプットして行ってフィードバックや批判をもらって改善していきたいなと考えています。これからもよろしくお願いします!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.08.26

    5手詰 365問
  2. 2019.08.26

    3手詰 365問
  3. 2019.08.26

    1手詰 365問
  4. 2019.08.25

    5手詰 364問
  5. 2019.08.25

    3手詰 364問
PAGE TOP