聖望高校の指導に行ってきました。将棋は中盤力が肝

カイトです。今回もよろしくお願いします。

※この記事は3分で読めます

※コメント感想いただけたら嬉しいです

今日は聖望高校さんに指導に行ってきました。

聖望高校将棋部は普段の活動の他に、将棋の練習会を月1ペースでやっています。羨ましい!私もかれこれ3,4年の付き合いになります。

聖望高校へ

対局風景

聖望高校の研修施設です。こういう施設で対局できるのは素晴らしいですね!

ちなみにオープン参加なので参加を希望される方はご連絡ください!

肝心の結果の方ですが4勝3敗でした・・・

これはまずいと思ったので4月のアマ竜王戦に向けて鍛え直します。!

将棋ワンポイント解説

今回は先手居飛車穴熊対後手ノーマル三間飛車のコツを紹介します。

コツを一言でいうと「穴熊のハッチを閉めたら3五の歩を狙え」です

        

 実戦の局面                 感想戦の局面

穴熊で8八銀として最低限の囲いを作ったらあとは3五歩を狙って飛車を圧迫するのが良いです。最短手数で銀を4六に持っていく事で後手の△3三桂~△4五歩を間に合わせないのが狙いです。相手が後手でノーマル三間飛車をやってきた時は使ってみてください。
穴熊は「堅さで勝つ囲い」だと思われがちですが、実は「遠さで勝つ囲い」なのです。

雑感 将棋はバンカーショットで決まる

最近は将棋は中盤力だなと感じています。なぜなら序盤と終盤は定跡の勉強や詰将棋でわかりやすく鍛えられるのですが、中盤力は鍛えられているのかがわからないからです。中盤力を自分なりに定義すると、悪い手を指した後にリカバリーする力です。将棋は悪手の方が多いゲームです。なのでどんなに訓練してもミスをしてしまうんですよね。ミスが出てしまう事を前提でそれが致命傷にならないようにする技術が将棋の強さを分けますね。

現状は課題局面を設定→感想や読みを言語化をひたすら繰り返しています。それがある程度知見がまとまってきたら共有します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.06.26

    5手詰 304問
  2. 2019.06.26

    3手詰 304問
  3. 2019.06.26

    1手詰 304問
  4. 2019.06.25

    5手詰 303問
  5. 2019.06.25

    3手詰 303問
PAGE TOP