将棋は対局よりも感想戦が楽しい

カイトです。今回もよろしくお願いします。

※この記事は2分で読めます

※コメントや質問いただけたら嬉しいです!

感想戦について

将棋には感想戦という文化があります。

感想戦とは簡単に言うと対局後に行われる検討会のことです。自分が指した対局を振り返って「ここがよかった」とか「ここはこう直そう」など話すのが感想戦です。

勝負の直後に対戦相手同士が試合を振り返る乗って囲碁と将棋の世界くらいです。私はこの習慣が好きで、特に熱戦の後の検討などは熱が入ります。特に負けた時は延々と調べたくなってしまいます笑

感想戦をする時の姿勢

感想戦のやり方は人それぞれですが、あくまで相手を敬って行うのが基本です。マウンティングする機会ではないです。自分の方が強いとかそういうアピールは一切不要です。(残念ながら結構いるんですけどね)

感想戦はあくまで対局相手と高みを目指す場です。勝者は相手を慮って、敗者は悔しさをしまって、より良い手を探していくべきです。

まともな感想戦ができるかは結構人間性がでますね。

感想戦をするためのテクニック -感想戦用シートを使う-

とはいえ感想戦って緊張しますよね。何を話せば良いのか、変なことを言ってしまわないかなどいろいろわからないところがあると思います。

基本的には

①よかったところ

②悪かったところ

③これからの取り組むこと

の3点がわかれば良いです。

今回はトヨタの思考整理術ロジック3を参考にシートを作ってみました。

こんな感じで書いてみるだけでも上達速度も、将棋をやっている充実感も変わってきます。ぜひ試してみてください!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.08.26

    5手詰 365問
  2. 2019.08.26

    3手詰 365問
  3. 2019.08.26

    1手詰 365問
  4. 2019.08.25

    5手詰 364問
  5. 2019.08.25

    3手詰 364問
PAGE TOP