インストラクターの資格をとりました。

カイトです今回もよろしくお願いします。

今回は将棋のインストラクターの資格をとった話をします。

※この記事は3分で読めます

※質問やご意見いただけたら嬉しいです!

将棋インストラクターの資格をとりました

日本まなび将棋普及協会さんの講習を受けてきました。

テキストとワークブック

私はもともと初心者指導は30~40人くらいにはしたことがあったのですが、とても勉強になる内容でした。

大人の場合はそんなに人によって大きく指導内容を変える必要はないのですが、お子さんの場合は、年齢によって言葉の使い方や教え方を変える必要があることがわかって目から鱗でした。これからの活動に活かしていきます!

将棋のカリキュラム化の現状とこれから

今回の研修は将棋に興味を持った子が対局ができるまでをカバーしたカリキュラムでした。と言うことはルールを覚えた後に強くなっていくためのルートはまだまだ未整備ということです。ということで駒落ちカリキュラムを作成中です!駒落ちでスモールステップで徐々に上達して行って、いつの間にか初段くらいの力がついてくれる流れをデザインしていきます!

【手合いと期間の目安】

①十枚落ち

2週間ほどでクリア

②八枚落ち

1ヶ月ほどでクリア

③六枚落ち

1ヶ月でクリア

④四枚落ち

1ヶ月半でクリア

⑤二枚落ち

2ヶ月でクリア

初段になったら他のことをやった方が良い

個人的には初段になれるくらいの思考の訓練をしたら国語や算数などの実用的な分野の勉強を支援していきたいなと考えています。将棋で初段になれるくらいの思考力があれば、例えば算数を好きになってプログラミングを始めたり国語でこれからの時代に必要な読解力を身につけたりして、将来の自己実現につなげてほしいなと思ってます。システムができるまでしばしお待ちいただければ幸いです!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.04.19

    5手詰 270問
  2. 2019.04.19

    3手詰 270問
  3. 2019.04.19

    1手詰 270問
  4. 2019.04.18

    5手詰 269問
  5. 2019.04.18

    3手詰 269問
PAGE TOP