羽生善治竜王のコメントから学べること

  • 羽生善治竜王が国民栄誉賞受賞の記者会見に出席
  • AIとの対決についても回答
  • 羽生竜王の棋士としての心構えとは?

羽生善治竜王 国民栄誉賞受賞、その心中は‥

1月5日、将棋界初の国民栄誉賞を受賞した羽生善治竜王が会見を開き、今後の将棋界の展望などを語りました。

その内容に「将棋の未来や棋士のあり方」が見えます。

まず受賞については「私個人の棋士の活動というよりも、将棋の伝統的な世界における長年にわたる歴史の積み重ね」という感想。
その上で棋士としてより精進を積むとのこと。

また今回、囲碁棋士 井山裕太十段との同時受賞となりましたが、井山裕太十段が初タイトルを得た20歳の時から、お付き合いがあるとのこと「現在進行形で囲碁の歴史を作られている棋士だと思っています。」

将棋、囲碁ともに長い歴史を作り続けてきた人たちがおり、その道の上にお2人が立っているという認識でしょう。

今後の抱負については「これを機に、たくさんの人たちに将棋や囲碁を楽しんでもらえるような環境を作っていけたらいいな」と、道をつなげる活動をしていく意気込みが見えます。

今後将棋はどうなっていく?

既にそういった道を歩いてくる若手棋士が、どんどん出始めていることについては「ただただ、たくさん経験を積み重ねればいいとか、ただただ若さがあればいいとか、そういうことではなくて、総合的なものが問われる競技」という回答。

最近、囲碁将棋共にAI対決が行われ「勝つだけでいいのか?」という議論が起きています。ゲームやスポーツは勝負が目的ではありますが、その過程のドラマを楽しむものでもある。
それを楽しむ人材も育てなくてはいけない、など多くの課題が見え始めています。
当然羽生善治竜王の心中にも「未来への課題」は浮かんでいるでしょう。

将棋の魅力は「日々の生活のその合間のちょっとした時間の中の憩いのひととき」 そのための環境づくりという発言も出ました。

棋士としての心構えは?

ではご自身の目標は?というと、まず1400勝「息が長く活躍できるような棋士に」とのこと。その反面、先の予測がつかないとも。

日々の心がけについては「挑戦の気持ちを極力失わないように続けてきたつもり」ではあるが「たまに守りに入ってしまったり」もするよう。
また棋士であるために、家族のサポートは欠かせませんが「神経を使って、気を使ってもらっている」ことを「和服の準備」など、具体的な事例を挙げて感謝しています。

また頂点に立つ意味については「トップになる必要はないとは思うのですが、トップ集団にいるということが非常に大事なのではないかなと考えています」
という興味深い発言。

トップに居ることで、流行や最先端に触れることができる、その中で切磋琢磨することが大事という考え方です。
人を蹴落として1位になる必要はない代わりに、「前に居る緊張感を持つこと」これは何をやるにしても大事なことですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.05.02

    5手詰 289問
  2. 2019.05.02

    1手詰 289問
  3. 2019.05.02

    5手詰 288問
  4. 2019.05.02

    3手詰 288問
  5. 2019.05.02

    1手詰 288問
PAGE TOP