第45回将棋大賞受賞者選考会。話題の羽生善治竜王と藤井聡太六段は?

  • 最優秀棋士賞は羽生善治竜王
  • 藤井聡太六段は特別賞と新人賞の同時受賞
  • 最優秀女流棋士賞は里見香奈女流王座

第45回将棋大賞「最優秀棋士賞」は納得の羽生善治竜王

2018年4月2日、東京、渋谷の将棋会館で第45回将棋大賞受賞者選考会が行われ、2017年度に最も活躍した大賞受賞の棋士などが発表されました。

気になる最優秀棋士賞は、やはり羽生善治竜王、これで22回目の受賞です。
昨年度は若手の台頭もありましたが、やはり昨年12月の永世7冠達成、そして4月11日から始まる第76期名人戦で、佐藤天彦名人に勝てば、前人未到の100期タイトル獲得となる、という2点が大きく評価されたようです。

1番気になる藤井聡太六段は?

そんな羽生善治竜王のコメントには、謝辞共に「昨今の将棋界の尋常ではないスピードで変化を続けているので」という文言が入っておりますが、特別賞には、この言葉を象徴する人物が選ばれました。
受賞者は藤井聡太六段、新人賞との同時受賞になりました。藤井聡太6段はこの他、対局数・勝数・勝率・連勝の4部門でも賞を獲得。
藤井聡太六段のコメントは「これからも将棋の可能性を追求し、棋力をあげるべく一層精進していきたいと思っております。」となっており、こちらも活躍が期待されます。

女流棋士賞は里見香奈・倉敷藤花の2人

なお今回より、「女流棋士賞」が「優秀女流棋士」という名称に変更になっています。
最優秀女流棋士賞には、里見香奈女流王座・女流名人・女流王位・女流王将、倉敷藤花(3年連続8回目)が選出、
藤井聡太六段の話題に隠れた格好になりましたが、こちらも女性棋士の可能性を大きく引き出した人物。

そして優秀女流棋士賞には、伊藤沙恵女流二段 (初)が選ばれ、男性棋士同様に、新風が吹き込まれた格好になっています。

また名局賞は「第30期竜王戦七番勝負第4局 渡辺明竜王 vs 羽生善治棋聖」戦、名局賞特別賞は、「第11回朝日杯将棋オープン戦本戦決勝 藤井聡太五段 vs 広瀬章人八段」
「第31期竜王戦6組ランキング戦 牧野光則五段vs中尾敏之五段 持将棋局」が選ばれ、こちらも羽生善治竜王、および藤井聡太六段が注目を浴びる形になりました。

その他の受賞者は以下の通り、
優秀棋士賞の菅井竜也王位 (初)敢闘賞の豊島将之八段 (初)、東京将棋記者会賞 森けい二九段、
升田幸三賞 青野照市九段 (2回目)(横歩取り青野流)佐々木勇気六段 (初) (横歩取り勇気流)
いずれも今後の活躍が楽しみな面々になっています。2018年大賞者はこの中にいるのか?期待しましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.08.24

    5手詰 363問
  2. 2019.08.24

    3手詰 363問
  3. 2019.08.24

    1手詰 363問
  4. 2019.08.23

    5手詰 362問
  5. 2019.08.23

    3手詰 362問
PAGE TOP