将棋ウォーズ3分切れ負け【第3回角換り対右玉編】

今回は私の将棋ウォーズの実戦譜を紹介します。

概要

戦型:対角換わり先手右玉
手数:56手

精密解析の結果

序盤力 8.67段
中盤力 9.72段
終盤力 9.93段
安定力 78.5段
早指力 1.7秒
棋神力 47.1秒
最善手 7回
次善手 2回
悪手    0回
初めて「悪手ゼロ」を達成できました!ちょっと嬉しいです!
9.99段ということでこちらも嬉しいです!
もしかしてプロ・・・はカラオケの採点機能を思い出しました。

ポイント①:藤井聡太調の陣形

最近主流となった考え方で「バランス重視の陣形にする」という考え方があります。例えば上の局面ずでは従来は△4三金右と右の金を上がるのが普通でした。しかし最近は△4三金左とこちらの金を上がる手が出てきたのです。特に若手を中心にこういう指し手をする人が高勝率をあげています。例としては藤井聡太七段や高見𣳾地叡王です。この指し手が流行ってきた背景としては、将棋ソフトの影響で攻撃の技術がかなり上がったことです。1手でも隙を見せるとそのまま攻めきられてしまうので、なるべく金銀の連結の良い陣形にしていざという時の攻撃に備えているのです。

 △4三金左などバランス重視の布陣を好む藤井聡太七段

畠山鎮七段vs藤井聡太六段△4三金左とバランス重視の陣形に

【第66期王座戦二次予選】畠山鎮七段vs藤井聡太六段

初代叡王誕生の1局。高見泰地叡王もこの陣形が得意

【第1期叡王戦第4局】高見六段vs金井六段

ポイント② 藤井聡太調子の自陣角

この△6四角は藤井聡太七段をイメージしました。藤井七段は自陣角を打つことが多いです。自陣角を起点として角の利きにある歩を押し上げてくイメージです。抽象的ですが、強い人の将棋はどうしても抽象的になってしまいます。


【第44期棋王戦予選】藤井聡太六段vs大石直嗣七段

藤井聡太四段 炎の七番勝負 藤井聡太 四段 vs. 増田康宏 四段

【第43期棋王戦 予選】藤井聡太四段vs豊川孝弘七段

ポイント③:現代将棋は積極的に突き捨てる

この局面で私は△7四銀と上がったのですが、棋神のPONANZA先生によると△7六歩と言う手があるようです。▲同銀と上ずらせて、△8六歩と突くのがポイントで▲同歩△同飛ととって▲8七銀を強要します。そして銀冠の弱点の銀の頭を飛車・角・銀で集中砲火するのです。確かに最近の将棋は歩を捨てることに抵抗感がかなりなくなってきているので、ソフト提案のこういう指し手を見るたびに1歩の損くらいは軽く考えようと思えてきます。

まとめ:藤井聡太七段の将棋に注目しよう

今回は藤井七段風の陣形を採用してみました。彼は間違いなくこれからの将棋のスタンダートを作ります。ぜひ自分の将棋にも取り入れられないか考えてみると周りと差をつけられると思います!

そんな私が行っている将棋塾がこちら↓
早稲田式将棋塾について

1 7六歩(77) ( 0:01/00:00:01)
2 8四歩(83) ( 0:00/00:00:00)
3 7八銀(79) ( 0:01/00:00:02)
4 3四歩(33) ( 0:01/00:00:01)
5 2二角成(88) ( 0:01/00:00:03)
6 同銀(31) ( 0:01/00:00:02)
7 7七銀(78) ( 0:01/00:00:04)
8 3三銀(22) ( 0:01/00:00:03)
9 7八金(69) ( 0:01/00:00:05)
10 6二銀(71) ( 0:01/00:00:04)
11 4八銀(39) ( 0:00/00:00:05)
12 3二金(41) ( 0:02/00:00:06)
13 5八金(49) ( 0:01/00:00:06)
14 6四歩(63) ( 0:01/00:00:07)
15 4六歩(47) ( 0:00/00:00:06)
16 6三銀(62) ( 0:01/00:00:08)
17 4七銀(48) ( 0:00/00:00:06)
18 7四歩(73) ( 0:00/00:00:08)
19 3六歩(37) ( 0:00/00:00:06)
20 7三桂(81) ( 0:01/00:00:09)
21 3七桂(29) ( 0:01/00:00:07)
22 4二玉(51) ( 0:03/00:00:12)
23 2九飛(28) ( 0:01/00:00:08)
24 8一飛(82) ( 0:01/00:00:13)
25 4八玉(59) ( 0:00/00:00:08)
26 4四歩(43) ( 0:01/00:00:14)
27 5六歩(57) ( 0:01/00:00:09)
28 5二金(61) ( 0:04/00:00:18)
29 1六歩(17) ( 0:00/00:00:09)
30 1四歩(13) ( 0:04/00:00:22)
31 2六歩(27) ( 0:01/00:00:10)
32 4三金(32) ( 0:02/00:00:24)
33 2五歩(26) ( 0:01/00:00:11)
34 5四歩(53) ( 0:01/00:00:25)
35 5九玉(48) ( 0:01/00:00:12)
36 8五歩(84) ( 0:04/00:00:29)
37 6八玉(59) ( 0:00/00:00:12)
38 6五歩(64) ( 0:03/00:00:32)
39 7九玉(68) ( 0:02/00:00:14)
40 3二玉(42) ( 0:01/00:00:33)
41 8八玉(79) ( 0:01/00:00:15)
42 6四角打 ( 0:02/00:00:35)
43 6八金(58) ( 0:02/00:00:17)
44 7五歩(74) ( 0:01/00:00:36)
45 同歩(76) ( 0:01/00:00:18)
46 同角(64) ( 0:01/00:00:37)
47 4九飛(29) ( 0:01/00:00:19)
48 6四角(75) ( 0:02/00:00:39)
49 9八香(99) ( 0:01/00:00:20)
50 7四銀(63) ( 0:02/00:00:41)
51 7二角打 ( 0:02/00:00:22)
52 7一飛(81) ( 0:02/00:00:43)
53 7五歩打 ( 0:01/00:00:23)
54 同角(64) ( 0:03/00:00:46)
55 7六銀(77) ( 0:01/00:00:24)
56 6四角(75) ( 0:01/00:00:47)
57 投了 ( 0:00/00:00:24)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2018.11.21

    5手詰 121問目
  2. 2018.11.21

    3手詰 121問目
  3. 2018.11.21

    1手詰 121問目
  4. 2018.11.20

    5手詰 120問目
  5. 2018.11.20

    3手詰 120問目
PAGE TOP