詰将棋を解いてみよう~0手詰編~

将棋を始めたばかりの場合は、詰将棋を解くのが良いです。詰将棋は相手の玉を詰ますゲームです。将棋は相手の玉を詰ますのが目的のゲームなので詰将棋を解けることは将棋を勝つ上で大切です。試しに早稲田式詰将棋ドリルの問題を解いてみましょう。局面が詰んでいるか詰んでいないかを判断する2択問題です。

この場合の答えは「詰んでいる」です。

詰んでいる状態というのは、王将に王手がかかっていて、その王手を防ぐための手段がないことです。王手を防ぐためには2つの方法があります。

①王手をかけている駒から逃げる。

②王手をかけている駒を取る。

まず①の王手をかけている駒から逃げられるかを調べます。王将が逃げられる場所は(4一、4二、6一、6二)の4カ所です。しかしその4カ所にはすべて相手の金の利きがあります。なので王手をかけている駒から逃げることは出来ません。

王将が逃げられる場所はすべて金が利いている

 

次の②王手のかけている駒を取ることができるかどうかをみてみましょう

問題図で王手をかけている駒を取る場合は5二の金を取るしかないです。しかし5二の金をとっても、5三に居る歩で取り返されていまいます。なので王手をかけている金を取り返すことはできません。

金をとっても歩で取り返されてしまう。

このように①王手をかけている駒から逃げる②王手をかけている駒を取るのどちらも守る側が出来ない場合は詰んでいると言う状態になります。

早稲田式将棋塾では0手詰から1手詰→3手詰→5手詰→7手詰→9手詰という順番で少しずつ難易度を上げていきます。ぜひスモールステップで無理なく上達していきましょう!

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.08.20

    5手詰 359問
  2. 2019.08.20

    3手詰 359問
  3. 2019.08.20

    1手詰 359問
  4. 2019.08.19

    5手詰 358問
  5. 2019.08.19

    3手詰 358問
PAGE TOP