まなび将棋ワークブック

今回はまなび将棋ワークブックの紹介をします。

1.まなび将棋ワークブックとは

「まなび将棋ワークブック」は将棋をこれから始めようとする方向けのテキストです。将棋のルールを覚えるのって結構大変ですよね。駒の数は多かったり、駒が成ると動きが変わったり、漢字が難しかったりと、結構スムーズに対局が出来るまでには乗り越えなければいけないハードルがあります。まなび将棋ワークブックは、そういう初心者の方がつまずきやすい部分を考えて設計したカリキュラムになっています。「こども早稲田式将棋塾」定跡の暗記やドリルを行う前に、このワークブックからスタートします。ぜひこの本を使って将棋が指せるようになりましょう!

2.まなび将棋ワークブックの内容

目次は以下の通りです。※早稲田式将棋塾では1回120分6回コースで行います

01 3つのあいさつ&「王手」と「詰み」

02 銀と歩の動き方&ゴロゴロ将棋を指そう!

03 飛車と角の動き方&青空将棋を指そう!

04 あいさつと青空将棋&歩の使い方(本将棋を始めよう)

05 上手に「駒を取ろう」&「駒を打つ」

06 「駒を成る」「竜を作る」&駒と駒をつなぐ

まずは挨拶や準備片付けの作法の指導を行い、その後それぞれの駒の動かし方を学びます。実戦を交えつつ、「詰み」「王手」「駒を打つ」「駒を取る」など重要な将棋の概念を学んでいきます。

⇧まなび将棋の時間配分

3.初心者の方も楽しみながら将棋を指しましょう

将棋を強くなるにはある程度地道に知識を覚えたりする過程は必須です。しかし初心者の方がいきなり地道な勉強を行うのはハードルが高く、挫折する可能性が高まります。ぜひ「まなび将棋」を活用して、楽しみながら将棋ライフをスタートしましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2018.06.30

    棒銀定跡速習
PAGE TOP