将棋上達のためのTips②三歩持ったら継ぎ歩に垂れ歩

今回は将棋が上達するためのコツを紹介します。

第2回は「三歩持ったら継ぎ歩に垂れ歩」という格言を紹介します。

1.この格言要するにどういうこと?

三歩持ったら、継ぎ歩をして相手の歩を上ずらせ、上ずらせた相手の歩の裏から歩を垂らす手を狙うべしということです。

2.この格言例えばどんな時に使える?

この格言は汎用性がありますが、例えば相振り飛車の時の対金無双の時によく使えます。金無双の弱点は小ビン=王様の斜め前なので、継ぎ歩に垂れ歩という技を活用していつでも小ビン攻めが出来るように狙います。

①しっかりとした金無双

②いきなり6四に歩を打ちます(叩きの歩)

③取られます

④6五に歩を打ちます(継ぎ歩)

⑤取られます

⑥歩を6四に打ちます=垂れ歩

3.なぜこの格言があるのか?

歩は将棋の皮膚と呼ばれ、陣形を守るために重要な駒です。歩が居なくなるだけで一気に囲いが弱体化することは多いです。そして継ぎ歩をすることで歩を2マス上ずらせることが可能です。歩が囲いから2マス離れると、当然囲いの守りとしての機能は果たせなくなります。そして守りとしての機能を果たせなくなった歩の裏を狙って垂れ歩を打つのです。それによっていつでも敵陣を直接攻めることが可能になります。⑥の図は持ち駒があれば6三の地点に打ち込むことが可能です。ぜひ歩を3つ持ったら狙ってみてください!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.07.20

    5手詰 328問
  2. 2019.07.20

    3手詰 328問
  3. 2019.07.20

    1手詰 328問
  4. 2019.07.19

    5手詰 327問
  5. 2019.07.19

    3手詰 327問
PAGE TOP