驚異の粘りで逆転! 第44期棋王戦予選「藤井六段ー大石七段」

今回は第44期棋王戦から藤井六段vs大石七段の一戦を紹介します。


先手は藤井六段。初手▲2六歩と突きます。対する大石七段の2手目は△3四歩です。藤井六段の3手目▲7六歩に大石七段は△9四歩と突きました。大石七段得意のダイレクト向かい飛車です。

大石六段のダイレクト向かい飛車に対し、藤井六段は玉頭位取り戦法を選択しました。藤井六段は堅い陣形よりも手厚さや、バランスを重視することが多いです。本局もその特徴が現れました。

駒組みが続き、大石七段は片銀冠に組みました。この作戦でよく使われる囲いです。対する藤井六段は6筋の位を確保したあとに▲8八角と自陣角を打ちました。藤井六段は自陣角を打って局面を打開に行くことが多いです。本局でもこの角を軸に後手陣を攻略しに行きます。

先手は▲6六角▲6七金上▲3七桂▲2九飛と着々と地下鉄飛車の構想を狙っています。次に▲7七桂▲8九飛となってしまうと銀冠の上部をまともに攻められてしまいます。よって、後手は飛車を5筋に回り△5五歩からの揺さぶりを狙いました。

△後手の飛車が5筋に回ったことで2筋がガラ空きになりました。隙あり!と見て藤井六段は▲2四歩と仕掛けます。△同歩▲同飛に対して△3二金と苦しげな受けに対して▲7七桂と突っぱります。しかし結果的にはこれが悪手だったようです。すかさず大石六段は△2五歩と打ち返します。これで飛車が助からず、厚みが活きにくい展開になってしまいました。

 

藤井六段も必死に手を作りますが、大石六段の受けは正確でした。△3一飛と回った局面は飛車交換が避けられず後手が有利です。

飛車を交換し、大石七段が△2九飛と先着しました。この局面は先手の厚みがほとんど意味をなしていないです。しかしここから藤井六段は持ち前の粘り強さを発揮します。まず▲8九飛と自陣飛車を打ち、相手の飛車の利きをそらします。さらに▲2九歩と打って相手の龍を1九に追いやります。そして▲8五歩からの玉頭戦に勝負をかけました。

玉頭戦で肉薄して後手の金を剥がすことに成功しました。金を剥がしたあとの▲6三歩は参考にしたい1手です。歩一枚で相手に難しい受けの選択を迫ることができます。

しかし大石七段も攻められっぱなしではありません。先手の玉飛接近の弱点を突こうと△8六桂と放り込みを行いました。しかし、ここからの藤井六段の自陣への打ち込みがすごかったです。まず▲7八桂とうち△8六桂を消しに行きます。△同桂成▲同玉に対する△8六香(▲同飛なら△7四桂の狙い)にも▲8七歩と辛抱します。

そして後手の△5八銀には▲2八金と更に自陣に駒を打ち込みました。もう終盤戦なので後手が飛車を逃げる余裕はありません。この手で飛車を取られることがほぼ確定したため、藤井六段が速度で勝りました。

最後は寄せの名手の藤井六段らしく▲5二飛から素早く寄せ切りました。

不利になってからの粘りが非常に参考になる1局でした。最後までご覧いただきありがとうございました。

https://shogidb2.com/games/4128e8e6ffcb32bf5a9d66397602d35e341f53b2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.08.17

    5手詰 356問
  2. 2019.08.17

    3手詰 356問
  3. 2019.08.17

    1手詰 356問
  4. 2019.08.16

    5手詰 355問
  5. 2019.08.16

    3手詰 355問
PAGE TOP