将棋体験会のカリキュラムを作りました

※この記事は1分で読めます

※質問やコメントいただけたら嬉しいです!

今回はカリキュラムの紹介です。

テーマは将棋に初めて触れる初心者が8枚落ち戦で勝てるレベルになるです。下の図が具体的な流れです。

設計する際に意識した点は以下の2点です。

①なるべく駒を動かしながら学ぶ

②1個あたりのボリュームを少なくする

①は、やはり将棋を指すときはなるべく盤と駒を使って対局してほしいという思いから、駒を使った遊びをふんだんに入れた設計にしました。

②は一気にルールを覚えようとすると中々大変なので1個につき5〜10分ほどで終わるような設計にしました。

詳しい内容はぜひ教室に足を運んで確認してみたください!笑

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリーから探す

最近の記事

  1. 2019.07.20

    5手詰 328問
  2. 2019.07.20

    3手詰 328問
  3. 2019.07.20

    1手詰 328問
  4. 2019.07.19

    5手詰 327問
  5. 2019.07.19

    3手詰 327問
PAGE TOP